しがない地方公務員のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「県総合政策室、岐路に 見直し含め秋に再検討」だそうです

<<   作成日時 : 2007/10/21 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/8/27の岩手日報によれば、

「改革派」と呼ばれた増田寛也前知事の下、シンクタンク的な役割を担ってきたが、前知事の引退や財政難で、その位置づけも変わりつつあるからだ。他部局と比べ「現場」を持たないため、県議会から「理論だけで実践が伴っていない」との厳しい批判も上がっている。 ...

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20070827_8

だそうです。

首長が変わると、イロイロ大変ですね〜。

後継知事なので、ある程度は前知事を踏襲するのでしょうが、そうは言っても、新知事として独自色を最初に出すとすれば組織を弄ることなんでしょうし、総合政策室ってのはそれなりに弄りやすくもあるんでしょう。

まあ、どうのこうのはないのですが、来年の自治体学会が岩手県であって、しかも、おそらく、事務局的な役割を担うのが、この総合政策室なような気がするので、さて・・・。ちょっと、いや、かなり不安かも(w)


2002年度以降コピーを取って、あるいは印刷して読んだ論文等

法律時報79巻8号特集日本国憲法施行六〇年 地方制度の変容と地方自治論−基
礎的自治体巨大化に見る憲法問題 多田一路 2007年

はじめに
市町村合併の実態
市町村合併に関する憲法論
地方自治の保障と基礎的自治体の適正規模
 基礎的自治体の適正規模という憲法学的言説空間
 従来の学説との関係
 従来の市町村は地方自治の最小単位としてふさわしかったか
おわりに−地方自治の最小単位とは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「県総合政策室、岐路に 見直し含め秋に再検討」だそうです しがない地方公務員のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる