しがない地方公務員のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「木祖村が森林整備の基金設置へ 条例改正案を議会に」だそうです

<<   作成日時 : 2007/10/23 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年9月21日の信濃毎日新聞によれば、

木曽郡木祖村の栗屋徳也村長は、20日開会した9月定例村議会に、村内の森林整備を目的とした「木曽川源流の森林育成基金」を設けるための村基金条例改正案を提出した。木曽川の上下流の縁で交流してきた名古屋市の企業から、森林整備促進のために112万円の寄付を受け ..

http://www.shinmai.co.jp/news/20070921/KT070920ATI090007000022.htm

だそうです。

基金を設置する意図はいろいろあるんでしょうが、今後、大口の寄付でもない限り、数百万の基金を運営していくわけですかね?

うーん、たったこの程度の額では、単年度で消費して無くなるような気もするんですが・・・。

まあ、貸付原資にするとかも考えられているのかもしれませんが、それでも少なすぎるような。。。。

もしかして、今後、継続的な寄附の見込みがあるのかな〜。しかし、こういう極小基金って結構あるもんなんでしょうか?

2002年度以降コピーを取って、あるいは印刷して読んだ論文等

奥平康弘 拡声機「暴騒音」規制条例をめぐる議論(上)−その問題の仕方を問題にする 『ジュリスト』第1031号(1993年)

はじめに
警察主導・警察権力の強化
「警察の巧みな戦術」?
規制立法の目的、とりわけ規制対象
既成の現行法令で十分?
規制対象をめぐる争点
争点のぼやかし、または回避
”幻想”曲

奥平康弘 拡声機「暴騒音」規制条例をめぐる議論(下)−その問題の仕方を問題にする 『ジュリスト』第1032号(1993年)

憲法論議の回避が意味するもの
拡声機の特性とそれについての憲法論的評価
なぜ「表現の自由」か
政治主義的「自由」論と憲法
都条例四条「適用除外」規定への深刻な疑問
比較法管権見
むすび

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「木祖村が森林整備の基金設置へ 条例改正案を議会に」だそうです しがない地方公務員のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる