「地方で「顔晴る」誓う」だそうです

2007年3月19日の官庁速報によれば、

地方自治体幹部職員としての異動予定者を対象とする地方赴任前研修が先週、千葉市の市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)で2日間にわたって行われた。
(略)
嶋津昭アカデミー学長と荒木慶司官房長から訓示があったほか、同和問題や組合対策、マスコミ対応などについて講義を受けた。
(略)


地方赴任前研修なるものがあることを初めて知りました。

しかし、講義内容にマスコミ対応があるのは判るのですが、同和問題に組合対策ですか^^

ただ、これらについては地域(東西)や自治体(組合の有無)によってかなり相違があるでしょう。

にもかかわらず、そういう相違を把握せずに赴任して、祭りになっている人はいらっしゃるのでしょうから、果たしてどの程度実態を踏まえた講義が行われているのか・・・。ちょっと興味のあるところです。

やはり、特定の自治体や地域に赴任される方には、別枠での講義とかがあるのかな~。


2002年度以降コピーを取って、あるいは印刷して読んだ論文等

松井茂記 福祉国家の憲法学 (憲法状況の展望・世界と日本<特集>) / ジュリスト. (通号 1022) [1993.05.15]

はじめに
一 日本国憲法二五条と戦後の憲法学
二 福祉国家の理念と憲法
三 福祉国家の現実
四 福祉国家の憲法学
結びに代えて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック