しがない地方公務員のメモ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「和歌山市、財政再建に向け下水道料金を引き上げ」だそうです

<<   作成日時 : 2007/10/29 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月4日のNIKKEI NETによれば、

和歌山市は3日、下水道料金を引き上げるなど財政再建に向けた条例改正案を発表した。値上げ率は事業所などの大口需要を含めた全体で39%。ただ、家計に配慮し、月間の使用量が少ないほど値上げ率を小さくする。10日開会の9月定例市議会に提出する。市財政が下水道事業 ...
(略)
和歌山市の下水道事業特別会計の累積赤字は06年度決算見込みで約110億円に達
している。値上げによる増収効果を08年度で約9億円とみており、単年度黒字への
転換を目指す。


http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070903c6b0302903.html

だそうです。

上水と比べてまだまだ整備率の低い下水道事業を、独立採算を求める公営企業で行うことにそもそもの疑義があるんですが・・・。

まあ、整備が終わって、借金を返し終われば、あとは施設更新と維持管理に必要な額が費用になるんでしょうから、そこからは儲かるような気がするんですが、それまでは結構赤字だと思うんですよね・・・。

和歌山市の普及率がどの程度なのか分かりませんが、まだまだこれから巨額の整備費が見込める段階で、黒字転換をするってのは結構キビシイですよね。

ただ、現状の下水道料金が安いのか高いのかって議論はあるところで、赤字部分は税金で補てんするわけですから、応益の観点からは、もっと料金上げをすべきなんでしょうね〜。

そうすることで、あまりにも条件不利な(不採算な)地域については、下水道整備をあきらめることの誘因になるんじゃないでしょうか。

2002年度以降コピーを取って、あるいは印刷して読んだ論文等

機関委任事務の廃止と新しい事務区分 (特集 改正・地方自治法) / 山下淳 都市問題. 91(4) [2000.04]

1 機関委任事務制度とその廃止
2 地方公共団体の事務、自治事務、法定受託事務の定義
(1) 改正自治法の関連規定
(2) 地方公共団体の事務
(3) 法定受託事務の定義
(4) 自治事務・法定受託事務と国の関与
3 自治事務と法定受託事務のその他の特徴
(1) 自治事務・法定受託事務と条例制定権
(2) 議会および監査委員の権限
(3) 法定受託事務に対する審査請求


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「和歌山市、財政再建に向け下水道料金を引き上げ」だそうです しがない地方公務員のメモ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる